現在位置: トップ > 建設業イメージアップ事業 > 建設業イメージアップ事業紹介


出張授業の実施について
〜建設業イメージアップ事業〜


 CCIちばでは、建設業イメージアップ事業の一環として、平成25年度事業において開発した授業プログラムである「千葉県の建設業の仕事〜建設現場をのぞいてみよう!〜」に基づいた出張授業を、NPO法人企業教育研究会(理事長:藤川 大祐(千葉大学教育学部教授))に委託し、実施しています。
 この出張授業では、小学校の社会科学習や中学校のキャリア教育などの機会を活用し、地域の建設業に従事されている方をゲスト講師としてお迎えし、江戸時代から印旛沼の水害と闘ってきた歴史や現在も行われている治水工事を紹介することを通じて、人々の生活を支える重要な役割を担う建設業と、その仕事に従事する人の大切さを理解してもらうことを目的としています。
 平成26年度は以下の学校において出張授業を実施しました。




@千葉市立真砂西小学校における出張授業

日  時 平成26年10月24日(金)
実施校 千葉市立真砂西小学校
対  象 3年生〜6年生(60名)
ゲスト講師 船越 博文 氏 (株式会社船越組代表取締役)
永名 淳悟 氏 (千葉市建設局土木部長)
NPO講師 吉松 優輝 氏 (NPO法人企業教育研究会)

実施の様子は以下のとおりです。


授業は3年生〜6年生を対象にして、2クラスで行われました。
ゲスト講師として、株式会社船越組代表取締役の船越氏に御説明いただきました。
授業進行役のNPO法人企業教育研究会の吉松氏。
河川の護岸工事の必要性を解説する船越氏。
河川の護岸工事で使われるかごマットについて解説する船越氏。
授業の最後で、千葉市建設局土木部長の永名氏より、東日本大震災時の千葉市内の状況について御説明いただきました。



A佐倉市立臼井南中学校における出張授業

日  時 平成26年11月14日(金)
実施校 佐倉市立臼井南中学校
対  象 1年生(40名)
ゲスト講師 柏熊 光昌 氏 (柏熊建設株式会社専務取締役)
NPO講師 佐久間 優介 氏 (NPO法人企業教育研究会)

実施の様子は以下のとおりです。


授業は1年生を対象にして、2クラスで行われました。
ゲスト講師として、柏熊建設株式会社専務取締役の柏熊氏に御説明いただきました。
授業進行役のNPO法人企業教育研究会の佐久間氏。
授業では、新川と花見川を題材に、千葉県の護岸工事の歴史が紹介されました。
河川の護岸工事で使われるかごマットについて解説する柏熊氏。
授業の最後に壁新聞「千葉県の災害復興を支える建設業」の紹介が行われ、授業に参加した生徒全員に配布されました。



B四街道市立四街道中学校における出張授業

日  時 平成26年11月19日(水)
実施校 四街道市立四街道中学校
対  象 1年生(65名)
ゲスト講師 根本 隆彦 氏 (東邦建設株式会社工事長)
NPO講師 吉松 優輝 氏 (NPO法人企業教育研究会)

実施の様子は以下のとおりです。


授業は1年生を対象にして、2クラスで行われました。
ゲスト講師として、東邦建設株式会社工事長の根本氏に御説明いただきました。
授業進行役のNPO法人企業教育研究会の吉松氏。
鋼矢板の仕組みについて、実物を用いた解説を行う根本氏。
東日本大震災で被害を受けた堤防を修復する工事を紹介する根本氏。
夜間にも工事を行うこともあり、人々の生活を支える重要な産業であることが紹介されました。



C大網白里市立増穂北小学校における出張授業

日  時 平成26年11月25日(火)
実施校 大網白里市立増穂北小学校
対  象 5年生〜6年生(97名)
ゲスト講師 内山 弘通 氏 (鈴木土建株式会社代表取締役)
NPO講師 佐久間 優介 氏 (NPO法人企業教育研究会)

実施の様子は以下のとおりです。


授業は1年生を対象にして、2クラスで行われました。
ゲスト講師として、鈴木土建株式会社代表取締役の内山氏に御説明いただきました。
授業進行役のNPO法人企業教育研究会の佐久間氏。
授業では、新川付近の土を実際に触り、柔らかい地盤であることを体験。
河川の護岸工事で使われるかごマットについて解説する内山氏。
授業の最後に、受講した生徒よりお礼の言葉を受ける内山氏と佐久間氏。



D習志野市立大久保小学校における出張授業

日  時 平成26年11月27日(木)
実施校 習志野市立大久保小学校
対  象 4年生(157名)
ゲスト講師 船越 博文 氏 (株式会社船越組代表取締役)
NPO講師 佐久間 優介 氏 (NPO法人企業教育研究会)

実施の様子は以下のとおりです。


授業は4年生を対象にして、体育館で行われました。
ゲスト講師として、株式会社船越組代表取締役の船越氏に御説明いただきました。
授業進行役のNPO法人企業教育研究会の佐久間氏。
鋼矢板に触れる体験では、多くの生徒が希望しました。
河川の護岸工事で使われるかごマットについて解説する船越氏。
授業の最後に壁新聞「千葉県の災害復興を支える建設業」の紹介が行われ、授業に参加した生徒全員に配布されました。



E我孫子市立湖北台東小学校における出張授業

日  時 平成27年1月15日(木)
実施校 我孫子市立湖北台東小学校
対  象 4年生(60名)
ゲスト講師 上村 英生 氏 (上村建設工業株式会社代表取締役)
NPO講師 佐久間 優介 氏 (NPO法人企業教育研究会)

実施の様子は以下のとおりです。


授業は4年生を対象にして、2クラスで行われました。
ゲスト講師として、上村建設工業株式会社代表取締役の上村氏に御説明いただきました。
授業進行役のNPO法人企業教育研究会の佐久間氏。
護岸工事で鋼矢板を使用する理由について解説する上村氏。
かごマットの仕組みについて解説する上村氏。
湖北台東小学校の新築・改修工事について解説する上村氏。
授業の最後に壁新聞「千葉県の災害復興を支える建設業」の紹介が行われ、授業に参加した生徒全員に配布されました。



F市原市立千種中学校における出張授業

日  時 平成27年2月13日(金)
実施校 市原市立千種中学校
対  象 1年生(143名)
ゲスト講師 菊地 政廣 氏 (新千葉建設株式会社代表取締役)
NPO講師 太田 貴之 氏 (NPO法人企業教育研究会)

実施の様子は以下のとおりです。


授業は1年生を対象にして、体育館で行われました。
ゲスト講師として、新千葉建設株式会社代表取締役の菊地氏に御説明いただきました。
授業進行役のNPO法人企業教育研究会の太田氏。
鋼矢板の実物サイズの模造紙を用いて解説する菊地氏。
かごマットの仕組みについて解説する菊地氏。
授業の最後に、除雪作業のエピソードなどを通じて、建設業のやりがいを伝える菊地氏。


HOME